ループタオルの作り方!簡単に手縫いで出来る作り方をご紹介します!

幼稚園や保育園で必要なループタオル。作り方は簡単で、手縫いでも出来ます!100均や西松屋などでもループタオルは売っていますが、誰かとかぶってしまうと見分けがつかなくて困ってしまいますね。手作りならその心配もなく、好きな柄で作ることができます。お母さんが作ってくれたものならお子さんは喜びますね。手作りしようか買おうか迷っている場合には、洗い替えに何枚も必要ですから市販のものと手作りのものが両方あっても無駄にはなりませんよ。では簡単な作り方をご紹介していきます!

ループタオルの作り方!手縫いで簡単!

準備するもの

・タオル

・ひも

・端切れ

・針と糸

これだけです。

タオルはお好きなものをご用意くださいね。ひもはちょっとしか使いませんので、何か他のものを作った時のあまりがあればそれで充分です。端切れもこれも少ししか使いませんので、もし余った布があればそれでOKです。すべて100均でも揃いますので好きなタオルと端切れと好きな色の紐を選んで作ったら満足度が高いですね。

ループタオルの作り方手縫いで簡単
用意するものはこんな感じです。端切れもひもも家にあったあまりものです。タオルは丁度いいのがなかったので今回はハンドタオルで作ります。

ループタオルの作り方
まず、端切れをタオルの端に合わせて切っておきます。縫い代があるので1cmぐらい多めにしてください。

ループタオルの作り方
端切れは裏にして縫い代の部分を折っておきます。1cmぐらいです。本当はアイロンをかけたほうが綺麗に仕上がりますが面倒なので手で折り目をゴシゴシ付けました。余ってはみ出た部分は切ります。

ループタオルの作り方紐は100均にもあります
ひもはくっついているほうが後で縫う時に楽なので2.3回糸を通してくっつけておきます。ひもの長さは、お好きな長さで調節して下さいね。端切れをかぶせて隠れて見えなくなるので糸の処理は見えていても大丈夫です。ヒモは結んでもいいのですが結ぶとボコっとなってふくらんでしまうので縫ってくっつけました。

ループタオルの作り方紐を置く
まず最初に紐を置く場所を決めます。

ループタオルの作り方は手縫いで簡単
紐の上から端切れを置きます。

ループタオルの作り方端切れをとめる
待ち針で止めておきます。クリップなどで止めても平気ですよ。とにかく止まっていればOKです!止めるものが大きいと縫いずらいのでご注意下さいね。

ループタオルの作り方手縫いで簡単
周りを手縫いで一周縫いました。当たり前ですが手縫いよりミシンを使ったほうが綺麗に仕上がります。でもそこまでまじまじと見ないですし、これしか縫わないのにミシンを出すのが面倒だったので手縫いでやりました!くっついていれば掛けることは出来ますので特に問題はありませんよ♪

ループタオルの手作り完成
完成しました~。ループタオルをしっかりつるすことが出来ました。

ループタオルは手縫いなら簡単に作れます!身近なもので短時間に簡単にできるのがいいですね。材料も紐と少しの布があれば出来てしまいますのでループタオルの手作りはおすすめです!
名前を付けたい場合は縫う前に三角に切った端切れにアイロン用のお名前シールを貼り付けておくといいですね。縫ってからだとデコボコしているので名前は縫う前に付けておくとキレイに貼りつきますよ。