オキシクリーンはどこで買う?どこで買えるか調査!





オキシクリーンどこで買う?ドラッグストアやドンキ、コストコなどどこで買えるか調査しました。オキシクリーンはアメリカ製と日本版(中国製)があります。成分の違いとそれぞれの販売店も書いていますのでご覧になってください!

オキシクリーンのアメリカ製はどこで買える?

オキシクリーンのアメリカ製を購入できるのは、コストコかamazonや楽天などの通販サイトです。

コストコのオキシクリーンはアメリカ製で界面活性剤入り、5.26㎏と大容量で販売しています。

コストコと同じアメリカ版オキシクリーンを楽天でも購入できます。

アメリカ版オキシクリーンは楽天ではここが最安値でした↓(2021.6.30現在)

amazonでのアメリカ版のオキシクリーンこちら

オキシクリーンどこで買う?ドラッグストアに売ってる?

ドラッグストアにはオキシクリーンは売っています。

ただ売ってるのは日本版になります。

アメリカ版と日本版の違いは下記に↓書いてありますのでご覧になってください。

ちなみに日本版のこの2つにはこのような違いがあります。
オキシクリーン⇒界面活性剤なし
オキシクリーンEX⇒界面活性剤入り

公式サイトで販売店の案内が丁寧にされています。

ドラッグストアでもお店によって、オキシクリーンのみ販売しているお店とオキシクリーンEXと両方売ってるお店がありました。

オキシクリーンどこで買う?マツキヨで売ってる?

マツキヨでは日本版のオキシクリーンは売っています。

オキシクリーンはどこで買う?どこで買えるか調査!
500gのオキシクリーンはパッケージが白ですが、これは界面活性剤は入っていません。
マツキヨではこの日本版のオキシクリーンが販売されています。
500gは628円(税込)でした。

右側は500gで左側は1500gで、共に界面活性剤は入っていません。

売り場は私が見た店舗では洗濯用洗剤の並びにありました。
お風呂用洗剤の場所や食器用洗剤などの場所を探しましたが、洗濯用の洗剤の隣にありましたよ。

日本版の界面活性剤入りは【オキシクリーンEX】という商品ですが、これは2021.6現在はマツキヨでは販売されていません。

オキシクリーンどこで買う?ドンキホーテに売ってる?

オキシクリーンはドンキホーテに売っています。

店舗によって違いはあると思いますが、オキシクリーン、オキシクリーンEX共に販売しています。

ドンキにはオキシクリーンとは別にオキシシャイニーというドンキホーテのオリジナルPB商品があるようです。

商品を確認していないので何とも言えませんが、同じ酸素系漂白剤です。

元祖ではないけれど、成分がそこまで変わらない、そして安いという商品ですね。

オキシクリーンがいい!というこだわりが特になければ試してみるのもありかもしれません。

オキシクリーンはどこで買える?スーパーでも売ってる?

オキシクリーンの日本版はスーパーでも売っています。

近所のオーケーにもイオンにも売っていましたよ。

オキシクリーンは500gと1500gがあります。
オキシクリーンEXは500gと802gがあります。

オーケーストアにはオキシクリーンEXはありませんでしたが界面活性剤なしのオキシクリーンならありました。

最近はオキシクリーンを売ってる場所が増えてきているので割と手軽に手に入るようになりました。

こちらは日本版です↓

オキシクリーンのアメリカ製と日本版(中国製)の違い

オキシクリーンとは酸素系漂白剤です。

漂白や除菌、消臭などにも使えます。

オキシクリーンのアメリカ製と日本版(中国製)の違いは、界面活性剤が入っているかいないかの違いです。

アメリカ製のオキシクリーンには界面活性剤が入っている。

日本版(中国製)には界面活性剤が入っていない。

という違いがあります。

ですが最近では日本版でも界面活性剤入りの商品があります。

●界面活性剤入りのアメリカ製⇒オキシクリーン

●界面活性剤なしの日本版(中国製)⇒オキシクリーン

●界面活性剤入りの日本版(中国製)⇒オキシクリーンEX

オキシクリーンを購入するとしたら主にこの3種類に分けられます。

オキシクリーンはどこで買える
日本版の界面活性剤なしのオキシクリーンを購入しました。

商品のパッケージに注意書きとして下記のように書いてありました。

オキシクリーンは米国チャーチ&ドワイト社の登録商標です。
本商品は株式会社グラフィコが正規販売輸入元として販売する日本国内向けのオリジナル正規品です。

とのことでした。

界面活性剤が入っている商品は青い粒が入っています。

オキシクリーン比較
↑これは日本版のオキシクリーンで界面活性剤は入っていないので青い粒がなく白い粉だけです。

界面活性剤入りの日本版(中国製)⇒オキシクリーンEXにも青い粒は入っていますよ。

洗浄成分である界面活性剤が入っていると洗浄するので泡立ちが良くなります。

逆に界面活性剤が入っていないと泡立ちが少ない分水切れがよく洗い上がりが楽ですね。

どちらも使ってみて使用感で決めてもいいと思うのですが、アメリカ版は大容量なので、まずは日本版の500gのオキシクリーンと500gのオキシクリーンEXをそれぞれ比べてみるといいかなと思います。

この容器が全部青のがオキシクリーンEXで界面活性剤入りの商品です!